名医のTHE太鼓判!もち麦が内臓脂肪を減らす最強食材!7/9TBS放送




7月9日TBSで放送の名医THE太鼓判はチェックしましたか?

もち麦が内臓脂肪を激減させる最強食材だったという事が紹介されていました。

以前ももち麦が話題になっていたようですが、その番組を見ていなかったので特に調べずに過ごしましたが最近運動不足で体重が増加ぎみなので気になって見てみました。




番組では10日間で内臓脂肪が激減すると紹介されていましたが、本当にもち麦を食べる事で効果があるのでしょうか。

しかし、もち麦を食べる事によってダイエットの効果だけではなく、美肌効果もある事がわかったので敏感肌のわたしにもぴったりな食材だということがわかりました。

さらに腸内環境も改善される効果もある事がわかったので体を整える為にもぜひ取り入れたい食品です。




このページではそんなもち麦について番組をみた感想を交えながら紹介したいと思います。

もち麦は本当に内臓脂肪を激減させる食材だった!

もち麦は米や小麦と比べても食物繊維の含有量がとても多く、近年の研究によると以下の効果がある事がわかっています。

  • 悪玉コレステロールを減らす
  • 糖分の吸収を抑える
  • 腸内環境の改善

腸内環境を改善させる事はダイエットにも効果的ですがアトピーなどのアレルギー体質を改善させる効果や美肌効果もあるのでもち麦はぜひ取り入れたい食品です。

名医のTHE太鼓判!で紹介されたもち麦で内臓脂肪を減らす方法とは

健康食品として今や話題のもち麦はスーパーなどで手軽に購入できます。

内臓脂肪撃退食材もち麦の威力!

100gあたり食物繊維が13g配合されており、ごぼうなら1本半、レタスなら4個分の食物繊維が配合されています。

もち麦にはβグルカンが配合されており、体内で水分を吸収するとゲル状になり、これが余分な糖質と水分を排出することによって太りにくい体にしてくれます。

最強食材!もち麦の食べ方

白米7の割合でもち麦3の配合で米を炊く

セブンイレブンでももち麦ご飯が買える!

セブンイレブンにももち麦で作られたおにぎりが気軽に買えるようになっています。

番組で紹介された内臓脂肪を増やす原因はこれ!

番組で紹介されていた内臓脂肪を増やす原因をまとめてみました

1.早食いが血糖値を上昇させて内臓脂肪をためる

太ってしまう理由は早食いが原因だと紹介されていました。

早食いはとても大きな問題で、ゆっくり食べる人よりも血糖値が急上昇しやすくなるようです。

血液中の余分な糖質が脂肪に変わり、内臓脂肪をためることになるからとても危険です。

2.炭水化物を抜いているのに間食が多い事

炭水化物ダイエットがブームになった為、白米を減らしたり、食べなかったりする人も多くいるようですが、意外と間食が多くなっている事も原因となっています。

タイプ別改善方法

早食いに悩んでいる原西さんが試した改善法

原西さんは早食いしてしまう為、毎食もち麦+きゅうりで内臓脂肪を減らす事に成功しました。

よく噛んで食べないといけないきゅうりをプラスすることで早食いを防いでいます